2016年7月アーカイブ

本の話Ⅱ

先日、直木賞と芥川賞の発表がありました。

 

直木賞は荻原浩(おぎわら・ひろし)さんの「海の見える理髪店」(集英社)。

芥川賞は村田沙耶香(むらた・さやか)さんの「コンビニ人間」(文學界6月号)でした。

いずれも、出版社のクレジットが入っているのは、この賞が未発表作品ではなく、発表済み作品の中から

選ばれることを意味しています。

以前は両方とも無名・新人作家が受ける賞でしたが、直木賞は現在では中堅・古手作家から選ばれるようになりました。

 

前置きはここまでにして、本題に入ります。

 

以前、このコーナーでご紹介した企画(商業)出版チャレンジVOL.2は、残念ながら、実を結ぶことはありませんでした。

「企画出版」という高いハードル、「純文学」という高い壁。いずれも、突破するには力不足でした。

しかし、著者の熱い気持ちは冷めることなく、「自費出版」という形でこの企画は進んでいくことになりました。

苦節一年を経て、来月上旬にいよいよ発刊を迎えます。

タイトルは、「美智子-その愛と背信」(東洋出版刊)です。

著者は、永年地元山口市で司法書士として活躍されながら、一方作家としても、数々の作品を

発表し続けてきた 原田修司(はらだ しゅうじ)さんです。

 

弊社も企画調整、編集協力という形で、この発刊のお手伝いをいたしました。

 

美智子_表紙.jpg

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • images