999.9とJINS

特別よく勉強したわけでもないのに、20歳ころから視力が低下(近視)して、眼鏡を掛けている。

40歳を超えたあたりから、近くの物が徐々に見えづらくなるのに気付き、「これは、老眼が始まった」と感じた。

老眼の進行スピードは予想以上に速い!眼鏡を頭に乗せて、裸眼で新聞や書類を見る機会が多くなった。

しかし、何かと面倒なので、「遠近両用メガネ」に掛け替えることにした。

これまで、5~6本くらいかけて見たが、その中で秀逸だったのが、

1.「999.9」 フォーナインズ 1本=6万円~8万円程度(遠近両用・レンズ込)

2.「JINS」  ジンズ      1本=1.3万円程度(遠近両用・レンズ込)

の二本である。

独特の丁番で、掛けていればすぐにそれとわかる「999.9」。政治家や大学教授にかけている人が多い。

デザインはこれまた秀逸で、掛ける人の満足感を高める。値段は、外国の有名ブランドと肩を並べる。

一方、価格は999.9の約1/5程度のJINS。満足感も1/5かと思いきや・・・、もしかして、同じかも。

私が掛けているのが、「エアフレーム」というスポーツに向いた頑丈な造りの代物だが、一度掛けたら、

他の物が掛けられないくらいフィットする。

もちろん、持っている999.9も掛けようと思えばいつでも掛けられるが、今はケースの中に眠っている。

以前、JINSの社長は「眼鏡界のユニクロを目指す」と発言していた。

まさに、その言葉通りの商品を供給し続けている。

999.9とJINS。両方ともとても素晴らしく、そして、消費者の心をしっかりと掴んでいる。

ほかの業界のお手本になる2社である。

DK社様とDH社様への感謝③

前回に引き続き、

創業15周年記念!感謝の気持ちをブログに込めて♥♥♥の③です。

DK社様の事業は

(1)アパート、マンション、貸店舗、貸工場、貸倉庫、及び貸事務所等の建設業務

(2)入居者斡旋等の不動産仲介業務、及び建物管理、並びに賃貸借契約管理等の不動産管理業務

と会社案内に書いてある通り、アパートを媒介としたあらゆる事業を展開しています。

それはまさにトヨタがクルマを媒介としてあらゆる事業を行っていることと同じです。

他社(総合住宅)メーカーがアパート=集合住宅を事業部の一つとして展開しているのと比べ、

専業メーカーとしてのDK社様の強さは圧倒的です。

私がお世話になり始めたころ、アパート専業メーカーには、売上高で拮抗するL社がいました。

しかし、その後、L社とDK社様との差はどんどん広がり、ついにL社は大手住設メーカーの

資本提携を受けたりして、経営的にも足踏みを余儀なくされていきました。

その間にもDK社様は、「管理戸数100万戸突破」や「売上高1兆円突破」(H30年3月期は1兆5000億円)など、

賃貸住宅業界のリーディングカンパニーとして、ふさわしい成長を続けてこられました。

なにより、外国人投資家の評価が高いところが、この会社の強さを証明しています。

翻って弊社の場合、「不動産・住宅広告」会社から「賃貸住宅マーケティング」会社へと

業務転換をして今日を迎えているわけですが、他にこの分野の先駆者がいなかったこと、

ある程度時流に乗れたこと、が今日生きながらえていることの証左ではないかと考えています。

(続く/マサル)




DK社様とDH社様への感謝②

前回に引き続き、

創業15周年記念!感謝の気持ちをブログに込めて♥♥♥の②です。

創業当初に手掛けていた住宅情報誌のクライアントは、大きく分けて

1.DK社様、SH社様、DL社様、SFC社様の様な大手企業

2.地元不動産会社各社様

3.その他(マンションデベ様、山口ケーブルビジョン様など)

となっていました。

実はDH社様は最初から弊社のお取引先ではありませんでした。
(代理店時代はいろいろとお付き合いがありましたが・・・)

DHグループのDL社様から住宅情報誌のお取引が始まりましたが、

DH社様は住宅情報誌ではなく、「賃貸住宅のマーケティング」から

お取引が始まりました。そこで大変にお世話になったのがY所長様でした。

Y所長様は、同い年の1学年上の方でした。

賃貸住宅のメッカ、名古屋で実績を上げられ、山口へ所長として

赴任されたのでした。

かつて、この方ほどマーケティングに精通された住宅メーカーの方は

見たことがありませんでした。

だからでしょうか、県内にこの方に対応できる人もいなかったのでしょう。

赴任後しばらくは名古屋時代の企画会社を使われていたようです。

そこに、のこのこと「賃貸住宅マーケティング」の企画書をもって訪問したのが

私でした。

しかし、この時の出会いは後々大きく花開く大切な節目になる機会と

なりました。(続く/マサル)

DK社様とDH社様への感謝①

創業15周年記念!感謝の気持ちをブログに込めて♥♥


当社が今日存在するのは、この2社のお陰と言っても過言ではありません。

その大切なお客様とは「DK社様とDH社様」です。いずれも、住宅・不動産業界の大手です。

DK社様とは今から15年前、当社が山口県で初の地元ブランドの住宅情報誌「マイホームナビ」を

立ち上げたときの、最初でかつ最も大きなお取引を頂いたお客様でした。

今でもその時お世話になったI 課長様は忘れられません。山口支店で半年間ほどの在任中に

当社の持ち込んだ企画を受け入れて頂き、県下全支店からご出稿を頂きました。

I 課長様はその後、いくつかの要職を歴任され、最終的に子会社の役員を経て、退職されたとの

事でした。

住宅情報誌で始まったDK社様とのお取引は、その後、岩国支店のI 課長様のお陰で、

中国ブロック(5県)のSP(情報誌、冊子、チラシ、POP等)へと広がっていきました。

しばらく、中国ブロックの仕事をしていると、北九州からもご連絡があり、

その当時のN課長様、I課長様、K次長様から北部九州のマーケティングの依頼を受けました。

その後、九州各支店また他エリアの課長様またエリア次長様に次々とお世話になり、

最終的に滋賀県から沖縄県までの西日本を担当することになりました。

この時の売上高・利益額が当社のレコードであり、今日まで更新できない数字となりました。(これではいけないのですが・・・)


その後、DK本社様のマーケティング戦略の大転換(平面媒体=印刷物の廃止、ネットとテレビへの集中)により、

当社の役目は終わりました。

この小所帯で、これだけのお仕事を頂いていましたので、経営に打撃がなかったと言えば嘘になります。

しかし、DK様から頂いたお仕事で得た貴重な経験・実績は、それを補って余りあるものでした。

その後のDK社様の成長ぶりを見るにつけ、本社様の"あの時"の選択は間違いの無かったことだと

妙に納得している今日です・・・。私の中で、DK社様の寛容さは、「世界一」でした。


さて、話は変わり、創業以来、今日まで続いているマーケティングの仕事としては、

もう一つのDH社様があります。

こちらもDK社様に負けず劣らずのヒストリーがあるのでした。※続く

(マサル)






祝!禁煙20周年!!

24年前に結婚して、3年後に長女を授かった。その年に家を建ててからの誕生だった。

新築の家では"当然"室内は禁煙だった。吸いたければ、屋外のいわゆる「ほたる族」である。

子供が1歳になる時、禁煙を決意した。

決行日は、家族で東部にある下松市の笠戸島へ、1泊2日の旅行に出かける日であった。

この日まで、"禁煙"のために準備したことは

1.「禁煙マラソン」という本を読んだ

2.カンロの「のど飴」を1箱(スティック型キャンディ×20個くらい?)買った

3.毎日、「この子のために絶対に"禁煙"する」とのお祈りをした。

あれから20年が経った。

禁煙することのメリットはいっぱいあるが、

何より経済的な効果がスゴイ!1例を上げると、

私が禁煙をした日のタバコの価格が250円だった。※マイルドセブン

1日に2箱吸っていたので、500円×30日×12か月×20年=3,600,000円

ちょっとした高級車が買えるお金が節約できた計算になる。

今の価格なら、6,624,000円となる。

そのほかのメリットとしては

1.家族を間接喫煙の脅威から守れる

2.料理がおいしく感じる(だから、太る!)
 ※味覚が正常に戻るから?

3.味付けが普通になる。吸っているときは
 濃い味付けになるので、塩分ほかの取り過ぎになり、
 体に良くない。

4.肌がきれいになる。特に手がピンク色になる。

5.声が通る。長年吸っていいるとハスキーボイスになる。

6.冷ややかな視線を感じなくなる。※外国に行くと特に

等々。


毎日2箱を吸うヘビースモーカーだった私は、遺伝的にタバコの好きな家庭に

育った。父母、兄弟4人の内、吸わないのは母だけだった。

その中で1番最初に禁煙したのが自分だった。それを見て、

長男、三男が続き、父は病気を患い、止めた。

タバコを吸うお金と時間があれば、他に何十倍もためになることがある。

ギャンブルとて同じである。

今日も職場の入るビルの屋外階段踊り場では、タバコを嗜む人が居る。

早く自分と同じになれば家族が喜ぶのにな!と考えてしまう。



感動した本&映画①松本清張編

私は本が好きで、暇さえあれば本屋に立ち寄る「立ち読みマニア」である。

どんな本でも読めば、それは血となり、肉となって心や体に宿る。実に本屋は「知の泉」である。

基本的に本であればなんでも読むが、好きなジャンルになるとノンフィクションであったり、それに近い

モデル小説だったりする。その中で、自分に一番フィットする作家と言えば、「松本清張」である。

実にポピュラーな作家ではあるが、実に奥が深い。その作品の相当数が映画やテレビドラマになっている

事を考えると、潜在的なファンは相当数いるだろう。私も本を読み、それを自分の頭で映像化して、

いろいろと楽しむわけだが、清張の作品は映画でもかなりのインパクトがある。


そこで、映画やドラマになった作品で自分なりのランキングを作ってみた。

1.砂の器
 「ズーズー弁」と「らい病(ハンセン病)」、そして「伊勢の映画館」が
 殺人事件のポイントとなっていく。丹波哲郎の演技が最高。

2.点と線
 汚職事件のキーマンを九州の香椎で殺害し、自らは北海道に出張していたと
 アリバイを主張する犯人。東京駅の4分間のトリックやその当時としては珍しかった
 飛行機を使っての犯行など、構成力を感じる名作の一つ。

3.ゼロの焦点
 何回見ても飽きないモノクロ映画だが、北陸の冬の厳しさが伝わってくる
 不思議。「ヤセの断崖」の迫力は、このブログでもお伝え済み。

4.疑惑
 北陸富山の毒婦「鬼塚球磨子」の保険金殺人事件をテーマにした物語。
 なぜか死刑になってもおかしくない被告が無罪になる最後。岩下志麻演じる国選弁護人の
 佐原律子の裁判の進め方がすごい!

5.鬼畜
 どうしようもない身勝手な父親の尻ぬぐいのために、次々と犠牲になっていく子供たち。
 崖から突き落とされ一命を取り止めた長男利一は、それでも父親をかばい続けた。

6.10万分の1の偶然
 高速道路で起きた交通事故を誰よりも早く現場に駆け付け、スクープしたアマチュアカメラマン。
 新聞社のニュース写真最高賞を受賞したその写真は、実はカメラマンによる自作自演の事故だったのである。

7.波の塔
 新米の検事とその検事が担当する事件のキーマンの妻が出来てしまった物語。
 若かりし頃の津川雅彦と有馬稲子が美しい。

8.黒の奔流(本のタイトルは「種族同盟」)
 出世を企むビンボー弁護士矢野武が4の「疑惑」と同じく、推定有罪の被告(貝塚藤江)を無罪に
 導き脚光を浴び、大物弁護士の娘を娶っていく。しかし、無罪になった藤江は矢野弁護士に思慕し、
 「娘と結婚をするなら自分が真犯人であることを告白する」と矢野弁護士を脅した。
 矢野は次第に藤江に殺意を抱き、富士の見える西湖の畔で決行するが、藤江もそれを覚悟し、
 二人は湖の奥深くへ消えていった。

9.わるいやつら
 女狂いで経営に無頓着な二代目病院長(医師)の没落していく物語。きっかけはある殺人事件だった。

10.内海の輪(本のタイトルは「霧笛の町」)
 やがて助教授となる考古学者の江村と元兄嫁(西田美奈子)との不倫物語。考古学の権威である学長候補の娘と結婚した江村は
 この不倫がばれてしまうとすべてを失うこととなるため、美奈子を殺害することを考えた。後は、8.黒の奔流と同じ末路を辿る。

とにかく、清張の取材力には甚だ脱帽する限りだ。ほとんど、ノンフィクションのような構成に読むほど(見るほど)に

飲み込まれていく。だからこそ、読書は面白い。

マサル的クルマ考③「ランボルギーニ」

昨年7月、「駐車場を借りたい」という1本の電話がありました。空き駐車場を求めるお客様からの電話はよくあることなので、

特に気にも留めませんでしたが、条件として「ガレージのある駐車場で、電源コンセントのあるところ」という前提でした。

そのような駐車場は数が限られており、探索するだけでも時間が掛かりそうでしたが、知り合いに

事務所を改装したばかりの方がいて、ガレージもお持ちだったことを思い出し、打診をしたところOKを頂きました。

その後、借主様と詳細を詰めるにあたり、車種を確認する必要がありました。

先ほどの借受条件があったので、私自身「クラッシックカー(ビンテージ)」みたいなもの、を想像していました。

蓋を開けてみると、言いづらそうなお客様の口から「ランボルギーニ」という名前が出てきました。

「え、あのランボルギーニ?」。聞いただけで高級スポーツ車とわかるそのブランド。

まさか、山口に乗ってる人がいるだけで、とても不思議な感じがしました。

お客様のお話では、新車を購入したものの、専用のガレージが間に合わず、それができるまでの仮保管場所としての

ご利用との事でした。入庫は登録の関係で8月中旬から下旬との事でした。


私たちの世代では「ランボルギーニカウンタックLP400」という車があまりにも有名でした。

近未来的なデザイン、特に前に跳ね上げるドア(シザーズドア)が代名詞となって、

とても憧れる名車の一つでした。※今でもこのドアは変わっていません。


ちなみに今のランボルギーニは

1.ランボルギーニ ウラカン       3000万円

2.ランボルギーニ アヴェンタドール  4500万円  

この2つが代表的な車種となっています。

お客様のお車は「アヴェンタドール」でした。この車、

車両価格はまさに「家が建つ」ほどのもの。※ウラカンでも十分建ちます。

庶民(私も含め)には到底理解できないものとなっています。


さてさて、貸主様にもご了解を頂き、いよいよ入庫の日が来ました。

当日は、お客様が広島で引渡しを受け、その足で山陽道に乗り、山口へ向かわれました。

私は山口市内某所でお客様をお待ちし、駐車場へご案内する手はずとなっていました。

お客様からは途中、携帯へ通過場所の連絡が入り、特に問題なく山口へ入られるご様子。

そうこうする内に、ついにその車が目の前に現れました。

重低音で奥深いエンジン音と燃料とエンジンが発する独特なニオイがあたりを包みます。

生まれて初めて「生」を目にする衝撃!なにか見てはいけないものを見て、早くガレージに

ご案内しないと大変な気がしました。

無事入庫が完了し、「ランボルギーニ」はガレージの中に消えていきました。

お客様はそれから、先月の退去まで1回も出庫することなく、留め置かれておられました。

因みにコンセントはバッテリー上がりを防ぐために常につなげておく必要があったとの事。

通常の不動産取引では、このような感動と衝撃を受けることがほとんどないので、

本当にいい経験をさせ頂きました。ありがとうございました。




マサル的クルマ考②「クラゲ」と「ミサゴ」

タイトルの「ミサゴ」は、言うまでもなくアクセラのデザインを動物に例えたときの印象です。

 

とにかくフロントマスクとヘッドライトに特徴があります。夜になると前から見ても、後ろから見ても

 

その姿は獲物を追う、「ミサゴ」さながらです。では、「クラゲ」は何を指しているのでしょうか。

 

答えは最後に述べます。

 

さて、前回までは「アクセラ」と「ヴェルファイア」の比較をしました。

 

今回は、アクセラを買うときに比較検討したクルマのお話です。

 

リストアップしたのが、

 

1.VOLVO V40 D4

ボルボのエントリークラスの人気車種です。ターボとディーゼルがあります。

値段は300~450万円程度。乗り心地と安全機能はピカイチ。

 

2.Audi A3 Sportback 1.4 TFSI sport

アウディのエントリークラスの人気車種です。1400ccのエンジンにターボを付けて

燃費を重視した「ダウンサイジング」タイプのクルマです。

値段は350万円程度。乗り心地とデザインはさすが!

 

3.プジョー308 Allure BlueHDi

アクセラと非常によく似たスペックのクルマです。フォルクスワーゲンのディーゼル車不正問題が

なければ、これを買っていた可能性は高いです。ディーゼル車で室内も広く、値段も300万円程度と

欧州車にしてはリーズナブル。但し、ディーゼル車特有の排ガス処理の工程が「後処理」という

オイル交換のような作業が年数回必要です。ボルボとマツダは「DPF」という独自の技術で

この後処理が必要ありません。

 

上記の車種と「アクセラ」を比較して、結局、アクセラに決めたのは、アウディとプジョーの

 

スペックを持ちながら、価格が安いこと。「DPF」技術のすばらしさ。ボルボは、次の乗り換えで

 

XC60(先日のカー・オブ・ザ・イヤーを外車で受賞した。)辺りを検討することとして、

 

今回は、早くから脱落していました。

 

ところで、国産がないのは、と思われるかもしれません。実は、アクセラのゾーンで買える

 

国産の人気車といえば、ご存知「プリウス」なのです。装備も室内も申し分ないのですが、

 

その外観は理解できないほど、滑稽です。前モデルまでバカ売れしていた「プリウス」と同じとは

 

思えないほどの斬新なデザイン。まさに、それは「クラゲ」と表現するにふさわしい。

 

クラゲには「目」がなく、触手(手足)は夜光る。夜、プリウスの後ろにつくとよくわかりますが

 

本当に「クラゲ」です。前から見ても、ヘッドランプが小さくて、どこが光るのか、よくわかりません。

 

「イカ」という考えもありましたが、イカには大きな目がある。

 

やはり、車のデザインには、スペック・価格を超えた"何"かがある、というのが

 

私の考えです。終わり。

 

マサル的クルマ考①「クラゲ」と「ミサゴ」

今年1月、クルマを乗り換えました。「マツダアクセラスポーツ」のディーゼルターボ車です。                                              

乗り換える前は、トヨタヴェルファイアのハイブリッド車でした。

この両車、特徴はいろいろありますが、その価格差たるや150万円にもおよびます。

では、この両車を比べて、私(マサル)的に評価をするとどうなるでしょうか?

実に、完璧に「マツダアクセラ」の勝ちとなります!なぜでしょうか?
 
                                                                                    
(理由)

1.広さ→当然、ヴェルファイア(以下ヴェル)
2.エクステリア→いい勝負、世間的にはアクセラ
3.インテリア→座席周りヴェル、インパネ周りアクセラ
4.装備→圧倒的にアクセラ(レーダークルーズ、LEDアダプティブヘッドランプ、安全装備他)
5.燃費→圧倒的にアクセラ(平均21キロ、最高26.5キロ/ℓあたり、しかも、軽油仕様)
6.ドライビング→圧倒的にアクセラ(18インチタイヤは路面に吸い付く感覚)
7.価格→圧倒的にアクセラ(トヨタヴィッツをプラスしてもまだ安い)

と、このような勝手な評価をしましたが、ヴェルファイアにも
                                                                                      
目には見えないシャーシーやサスペンション、4WD(E-Four)など、

 
先進的な技術は確かにありました。

                                                                                                                             
しかし、パーキングブレーキがフットタイプであったり、安全装備等がほとんど

オプションであったり、「なぜ高いのか?」を証明するものは、広さとハイブリッドぐらいでした。

まさか、ブランドにプレミアムがあったとは思えません。

その点、アクセラは、価格優等生です。

満足感は価格以上のものがあります。但し、小さいお子様がいる家庭でこれを選ぶと

"反感を買う"ことになりますので、ご注意ください。

なにせスポーツですから、当然車内は狭い!(あたりまえ)

私のように仕事で使いながら、

プライベートはあくまで一人乗りが基本となります。

当初、乗り換え候補はくつかありましたが、このお話は次話でご紹介します。
 
 
                                                              ●前の愛車「ヴェルファイア」
 
ブログ用1.jpg
 
 
                                                              ●運転席周りはさすが広い!
   
ブログ用2.JPG
 
 
                                                               ●2列目は「キャプテンシート」ブログ用3.JPG

いつの間にやら、秋になりました・・・。

例年よろしく猛烈な暑さだった今年の"夏"。9月に入っても、その余韻は続き、

9月の終わりになって、ようやく、秋めいて来ました。

弊社でも、仕事の中身は年々"熱く!?、厚く!?"(笑)なってきています。

小池東京都知事よろしく、「2足のわらじ」で仕事をしていると、

寝ている間も惜しくなるほど、忙しくなります。(しっかり寝てますけど・・・笑)

9月はその意味で、半端ない!感じでした。

少しその中身を紹介しますと

1.不動産業
 →賃貸(事業用)2件、売買2件、リフォーム1件

 ウチレベルの不動産屋では、これぐらいの仕事があれば、

 1ヶ月の業務量として十分です。

2.広告業
→大和ハウス佐賀支店様、ダイワリビング佐賀営業所様の
 新築賃貸マンション販促ツール  

 大分に続き、佐賀からも仕事が舞い込んできました。

 大和ハウスグループ様には、本当に感謝です。

 来月は、倉敷でセミナーの仕事があります。

→沼田先生(弁護士)新番組開始に伴うマネジメント。
  tysにて毎週水曜日放送枠

 ついに、沼田先生のレギュラー番組がスタート!

 番組内外でいろいろとかなりの反響があるようで、

 正直、ホットしています。これも、沼田先生のキャラクター

 によるところ大です。

3.その他
→太陽光発電用地や住宅用地、事業用用地交渉など
  交渉、契約前準備等いろいろ。

 今や不動産業はボーダーレスになってきています。

 山口でも1000坪を超えるような物件を扱っていると

 全国からお問い合わせがあります。

 ほとんどが「太陽光発電用地」です。

 また、金額の大きい物件(5000万円~1億円程度)を

 扱っていると、これまた全国からお問い合わせがあります。

 ほとんどが「投資用物件」です。

 メールや電話、FAX等、問い合わせ方法は多彩で、

 すべてに対応すると身が持たないので、メールを

 中心に対応しています。

そう言えば、衆議院が解散、民主党が小池都知事の政党に

吸収され、事実上、消滅するかのような報道が出ています。

1強他弱の政治状況を転換するための「捨て身」戦略だとか。

下界ではひんやりと夜露を感じていく季節ですが,

政界は、どうやら"熱い季節"を迎えようとしています・・・。