世界の金融・不動産センター「シンガポール」

昨年11月、世界の金融・不動産センター「シンガポール」を訪問しました。

山口市と防府市の不動産会社有志およびその関係者で構成された「シンガポール不動産視察団」の

一員としての参加です。

世界中のお金と人の集まるシンガポールは、物価(家賃含む)もアジア、いやいや世界随一です!

だから、住める人には限りがあります。(新規に国籍を取得するには厳しい条件があり、普通の人の取得は、ほぼ皆無)

マンションの価格も平均億ションで、5億、6億とかはザラのようです。

さらにすごいのは、国土が狭いから車を"持たせない"政策(渋滞緩和政策)を取っていること。

FPの花輪陽子さんのお話によれば、輸入車には高関税がかかり、維持費にも相当のお金がかかるため、

クルマは富裕層だけのものの様です。

一説にはトヨタカローラが700万円するとツーリストが言っていました。(花輪さんは1000万円だと言っています)

コレだけモノの値段が高くてもちゃんと経済が回っているのは、お金持ちが多いから。

当然不動産も買う人がいるから値段が高くなる(経済の基本!)

香港といい、シンガポールといい、アジアに世界を代表する「金融・不動産センター」があるのは、

日本にとって決してマイナスではありません。

ただ、このお金を少しでも我が国に呼び込めれば、さらに日本は魅力的な国になれます。