2015年11月アーカイブ

韓国車のネーミングに異議あり!

私の好きなアーティストに「フィル・コリンズ」がいます。今でも車にCD(古い!)を乗せ、ロングドライブのときは必ず聞くほどです。

「ドミノ」や「インビジブルタッチ」のノリは最高ですし、「フェーディングライツ」なんか聞くと、いまでも涙が出そうになります。

その彼が最初に所属したバンドが「ジェネシス」。

先日、新聞を読んでいると韓国の現代(ヒュンダイ)自動車が最高級サルーンを開発したと書いてあり、

何とその名が「ジェネシス」となっていました。※このブランドは以前からあったようです。

日本にも高級車は数あれど、有名ロックスターの名前を冠した車はあったでしょうか?

トヨタ/クラウン(王冠)、マジェスタ(威厳・尊厳)

日産/シーマ(頂点)、フーガ(作曲技法の一つ?)

ホンダ/レジェンド(伝説)

マツダ/アテンザ(注目)

三菱/ディグニティ(尊厳・気品)

やっぱり、どこにもありませんね!

 

対して、ヒュンダイ自動車のラインナップでは

ソナタ(牛の乗る車or奏鳴曲)

エクウス(馬)

ジェネシス(創世記)

よくわからない名前ばかりです!?ネーミングのプロがいないような気がします。

マーケティングの重要なプロセスの一つである「ネーミング」で、すでに負けています。

だからではないでしょうが、同社の2010年の日本国内の登録台数は何と「208台」!!※1

これでは、事業は成り立ちません。同年、同社は日本市場(乗用車)から撤退しています。

 

発想がなければ、数字とアルファベットの組み合わせなどで、作ればいいわけであって

※ドイツ車はこのタイプが多い。マツダもそうです。

変に恰好をつけるとロクなことがない、顕著な事例です。

そもそも、私の好きなアーティストと同じ名前は勘弁してほしかったなーと感じています。(マサル)

 

※1.同社は2011年以降、トラック販売と既販売車のメンテナンスのみ

   に特化した事業を継続しています。

 

 

25年ぶりに「四国」へ上陸!

山口市小郡に在住だった家主様が香川県丸亀市に引っ越しをされ、ご挨拶に行きました。

 

何と、25年ぶりの「四国上陸」と相成りました。最近の仕事は、山口県と中国地区山陽側および北部九州

 

がもっぱらで、なかなか四国へ行く機会がありませんでした。たまに行く東京や大阪、以前はよくいっていた

 

沖縄と比べてみても「近くて遠い存在」の四国。

 

本四連絡橋(瀬戸大橋)は相変わらず長くて大きい!通行料金は、ETC割引で片道1700円、往復3400円・・・!!

 

こんなに高い料金を払って渡る橋は山口・九州にはありません。※これでも安いほうだとか・・・。

 

しかし、橋の両側にみえる瀬戸の島々、行き来する船。だんだん見えてくる四国の街並み。

 IMG_2633.JPG

そのいずれもが、新鮮な感じがして、ちょっとした旅行気分でした。

 

丸亀駅近くのうどん屋さんで本格的な「丸亀うどん」を頂戴して帰りました。

 

今度行った時は、ゆっくりと泊まりがけでディープな四国を堪能してみたいです。

 

 

IMG_2630.JPGIMG_2627.JPG

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年9月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • images