2017年4月アーカイブ

沼田弁護士 テレビ山口へ出演!反響上々!!

ヘッドラインニュースでお伝えした弊社提携弁護士である沼田幸雄弁護士が地元テレビ局「テレビ山口(TYS)」の


ローカル番組「やるっチャ」に出演しました。

当日は、10時45分に局へ入り、11時からリハーサル。昼食をはさんで13時55分から14時52分までの生放送となりました。

各コーナーのコメンテーターのほか、自らが担当する視聴者法律相談コーナー「お悩み解決よ!」で的確なアドバイスとご回答を

いただきました。結果、失敗の利かない「生放送」での堂々の演出に、出演者一同"バカ受け"となりました。

また、視聴者からも放送中に相談の舞い込む「反響上々」の内容となりました。

考えてみれば、法廷に立って被告を弁護する弁護士がテレビカメラの前で上がるようでは、とても厳しい業務はこなせません。

しかも、沼田弁護士は「裁判官」のご出身!話がぶれたり、答えに窮することがあるわけがありません!!

今後も、よりディープな沼田弁護士をぜひ皆様に知っていただきたいと考えています。
 
IMG_0247 (2).JPGのサムネイル画像
 

刑事コロンボと「ロス疑惑」の点と線②

前回に続き、刑事コロンボと「ロス疑惑」の点と線②をまとめてみます。

27話の「逆転の構図」で、プロ写真家の主人公(ポール・ガレスコ)が口うるさい妻を殺害し、それを別人の犯行と見せるため、

いろいろと細工をし、知人を犯人に仕立て、その犯人に足を撃たれたので、正当防衛により犯人を射殺したと

主張する主人公でしたが、実は知人を犯人に見せかけて射殺し、自分の足を自分で撃ったのでした。


これはまさしく「ロス疑惑」の三浦某氏と同じではないかと私は勘ぐりました。

このロス疑惑とは、有名女優の甥でイケメンの三浦某氏が妻とロサンジェルスを旅行中に暴漢に襲われ、

妻は頭を打たれ瀕死の重傷(その前にもホテルで頭を強打されていた)、自身も足に銃撃を受けて、悲劇の

旅行者となったものです。日本へ移送するため、妻を乗せた米軍のヘリコプターを発煙筒を持って誘導する

場面が繰り返し放送され、"悲劇の夫"として有名になりました。しかし、すべては仕組まれたものではないか?と

あの"文春"が、「疑惑の銃弾」として、この事件を取り上げたのでした。

1.多額の保険金が下りた事実

2.銃撃の前にホテルで妻に対して殴打事件があり、その犯人が自分であると
 三浦氏の愛人が告白したこと。

3.この事件の前にも、三浦氏の愛人が行方不明になり、ロス事件後、同じロスで死体となって発見されている。

など、状況証拠はこれ以上ないくらいに揃っていました。

その後のいきさつは、ネットの情報に譲るとして、三浦某氏がこの犯��%

このアーカイブについて

このページには、2017年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • images