祝!禁煙20周年!!

24年前に結婚して、3年後に長女を授かった。その年に家を建ててからの誕生だった。

新築の家では"当然"室内は禁煙だった。吸いたければ、屋外のいわゆる「ほたる族」である。

子供が1歳になる時、禁煙を決意した。

決行日は、家族で東部にある下松市の笠戸島へ、1泊2日の旅行に出かける日であった。

この日まで、"禁煙"のために準備したことは

1.「禁煙マラソン」という本を読んだ

2.カンロの「のど飴」を1箱(スティック型キャンディ×20個くらい?)買った

3.毎日、「この子のために絶対に"禁煙"する」とのお祈りをした。

あれから20年が経った。

禁煙することのメリットはいっぱいあるが、

何より経済的な効果がスゴイ!1例を上げると、

私が禁煙をした日のタバコの価格が250円だった。※マイルドセブン

1日に2箱吸っていたので、500円×30日×12か月×20年=3,600,000円

ちょっとした高級車が買えるお金が節約できた計算になる。

今の価格なら、6,624,000円となる。

そのほかのメリットとしては

1.家族を間接喫煙の脅威から守れる

2.料理がおいしく感じる(だから、太る!)
 ※味覚が正常に戻るから?

3.味付けが普通になる。吸っているときは
 濃い味付けになるので、塩分ほかの取り過ぎになり、
 体に良くない。

4.肌がきれいになる。特に手がピンク色になる。

5.声が通る。長年吸っていいるとハスキーボイスになる。

6.冷ややかな視線を感じなくなる。※外国に行くと特に

等々。


毎日2箱を吸うヘビースモーカーだった私は、遺伝的にタバコの好きな家庭に

育った。父母、兄弟4人の内、吸わないのは母だけだった。

その中で1番最初に禁煙したのが自分だった。それを見て、

長男、三男が続き、父は病気を患い、止めた。

タバコを吸うお金と時間があれば、他に何十倍もためになることがある。

ギャンブルとて同じである。

今日も職場の入るビルの屋外階段踊り場では、タバコを嗜む人が居る。

早く自分と同じになれば家族が喜ぶのにな!と考えてしまう。



このブログ記事について

このページは、株式会社エスピーデータが2018年4月 2日 12:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「感動した本&映画①松本清張編」です。

次のブログ記事は「DK社様とDH社様への感謝①」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • images